香椎神宮の流鏑馬  = Home =

福岡市東区香椎神宮  : 2015.10.18 撮影




流鏑馬(やぶさめ)とは馬を駆って直線馬場鏑矢を以て射るの技術であって、
その的は三個にして方板を用い的串に挟みて三か所に立て、一人にて各々三的を射る。
その起源は詳かではないが、古書には第二十九代欽明天皇の御代より始まると記せり。

香椎宮でもこの流鏑馬は古くより執り行われており
【香椎宮楼門前を射手三人が馬に乗り出発社殿でのお祓いを受けた後、
射手大将国家安泰、五穀豊穣の祈念を致し流鏑馬の射場にて行われました。
(駐車場グランドにて)
的は三本、射手三人、射手一人矢三本、三回の走馬です。所要時間は1時間でした。



※ 上の写真をクリックすると大きく表示され 、その写真をクリックすると順に表示されます。







あなたは 番目の訪問者です