本文へジャンプ
NPO自然観察指導員京都連絡会のプロフィール



□事務局 
 603-8121 京都府京都市北区小山上花ノ木町8−2

□代表理事
  清水 正

□副代表理事
  白石恵美子 弓削俊彬

□理事
  出口由美子 久間孝子 眞田幹雄 中西冨士子 福井千津
  宮城光夫 伴浩治

□監事
  土肥裕子 酒井英司

□顧問
  吉田 真(立命館大学名誉教授)
  西川忠樹(前代表理事)

□設立
  2002年12月19日(任意団体としては1983年6月1日)

□機関誌
  「森の新聞」(季刊1月4月7月10月)2019年1月 第64号
 (173号)まで発行済み

□入会金・年会費
  500円・3000円
     郵便振替口座 番号 00950-6-305311
     加入者名 NPO自然観察指導員京都連絡会

□活動指針
 1.きいて、さわって、みて、かいでの観察会
   知識よりもまず感性を!
    そして、なぜ?と疑問をもって考える(感性から知識へ)
 2.素人の素人による素人のための観察会
   誰でも、いつでも、どこでも出来る観察会
    教えられたり教えたり!の観察会
 3.自然保護の世論作りの観察会(種まく運動)
   自然に親しみ楽しむ→自然を知る
   →自然を大切に考える→守る

 ・観察会は、会員が対等の立場で作り上げる集団作業、
  様々な個性のハ−モニ−で織りなす「共同作品」
 ・自然と人間の関わりにも目を向ける、総合的な文化運動
 ・参加者が主役、そして、自分たちも楽しみながら活動する
 ・ボランティア活動は義務や奉仕ではなく、「自己実現」
 「自己充実」

□活動内容
 ・対外活動 (自然保護の世論作りのための活動)
  「友の会」(会員制)の観察会
  公開観察会(一般公募)
  各種団体への講師派遣
  京都府視覚障害者協会との共催による観察会
  自然観察地図の作成など調査・出版活動
  ・会員向け活動(会員家族の研修と親睦のための活動)
    定例観察会
    研修会 
    機関誌「森の新聞」発行

□会計報告

  2018年度貸借対照表

□出版物

  自然観察ガイドブック「ふるさとの自然」(1987年)
  自然観察マップ「男山への誘い」(1995年)
  「京都府自然観察地図」(2003年)