noi-kyoto

メハジキ(シソ科) Leonurus japonicas Leonurus sibiricus  撮影地 京都市伏見区
以前は普通に見られたようですが、最近はなかなか見ることが出来ません。私が初めて見たのは伊吹の 3合目でした。晩夏の伊吹の草原に私の背丈ほどで真っ直ぐと立ち、濃い紅紫色の花がすごく印象的でした。 そしてメハジキという変わった名前もこの花を印象づけるのには十分でした。数年後、家の近くの観月橋で見 かけたときには嬉しかったです。何しろ伊吹にあった花が家の近くで見られたのですから。所が、翌々年草刈り が入り見かけなくなりがっかりしていたのですが、今年また見ることが出来ました。場所を変えて前より増えた ようです。よくぞ残っていてくれたという感じです。茎に対生の葉がつき、その脇に輪状に紅紫色の唇形花がつ きます。深く切れ込んだ葉はヨモギの葉を細くしたようです。この花がいつまでも普通に見られる河原であって ほしいものです。
分布地域  沖縄から北海道南西部 花 期  7月〜9月

アクセスカウンター