noi-kyoto

ウメバチソウ(ユキノシタ科) Parnassia palustris var.multiseta       撮影地 長野県安曇野
 高い山に登ると夏に涼しげに咲いているので、つい夏の花に思ってしまいますが、 低山や里山では秋から晩秋にかけて咲き出します。山地の湿地によくみられます。 茎の先に直径2cmほどの白い花1個を上向きに開きます。花弁は5個、雄しべ は5個。花粉をださない仮雄しべ5個は先が糸状で先端に黄色い腺体が付いてい ます。同属のシラヒゲソウの花弁の先が糸状なのとよく似ています。葉は心形で茎を 包むように付いています。つぼみの時は緑の萼に白い小さな球が包まれていて台座 に座っているようで可愛らしいです。 京都府では絶滅危惧種でありほとんど見ることが出来なくなりました。
分布地域  北海道〜九州  花 期  8月〜11月

アクセスカウンター