2009年1月29日

山城探訪ハイク
第5回
吉備津神社鬼ノ城



吉備津神社へ jump            鬼ノ城へ jump



0
0
大阪=バス=山陽道=総社IC=吉備津神社・拝観=
昼食(サンロード吉備路)==砂川公園駐車場
〜3`〜鬼城山ビジターセンター鬼ノ城跡一周・約2`
鬼城山ビジターセンター〜3`〜砂川公園駐車場=
総社IC=山陽道=大阪・解散
0000
0
0





先ずは吉備津神社に詣でます。
0
 吉備路は古代「吉備氏」王国時代の中心地だったと
 考えられます。
 「吉備氏」は、主として5世紀に繁栄し、吉備を筑紫・
 出雲・ヤマト・毛野と並ぶ古代の有力地方国家に発展
 させることに貢献し、大和の豪族たちと同盟、日本列島
 の統一と発展に寄与したと考えられます。
0
 吉備氏と大和朝廷との関わりは・・・
 ◎景行天皇の妃となった播磨稲日大娘はヤマトタケル
   を生みました。
 ◎そのヤマトタケルと共に蝦夷遠征を行った吉備武彦
0.
   の娘は、ヤマトタケルの妃となりました。
 ◎吉備武彦の子の鴨別(かもわけ)は、仲哀天皇の
   熊襲征討に功績がありました。
 ◎兄媛は応神天皇の妃、黒媛は仁徳天皇の妃となっ
   ています。
0


吉備津神社の主神は、吉備津彦命(キビツヒコノミコト)
そして、吉備津彦命の異母弟の若日子建吉備津日子命
と、その子・吉備武彦命・等、一族の神々を合わせ祀っ
ており、吉備津彦命は第七代孝霊天皇の皇子で、武勇
の誉れ高い人物だったらしいです。


日本書紀には
「若し教を受けざる者あらば、乃ち 兵を挙げて伐て」と、
吉備津彦をもて 西道に遣わす。


古事記には
孝霊天皇の御子、大吉備津日子命と若日子建吉備津
日子命は、針間を道の口として、吉備の国を言向け
和したまいき


吉備津彦命は日本神道の神、備冠者とも云われています
別名(本来の名)を五十狭芹彦といい、吉備国を平定した
事によって吉備津彦を名乗る事に・・・、
(吉備津とは「吉備国」の「津」であり吉備津彦とは
                 「吉備の勢力者」の意味です)

一説にはこの時の逸話(温羅伝説)が桃太郎のモデルの
一つであったとも言われており、吉備国のあった岡山県は
これをして自県を「桃太郎発祥の地」として広いPR活動を
行っています。







何だか難しくなってきましたが
要するに
『桃から生まれた桃太郎は、
モデルが吉備津彦命で、
我々が午後から訪れる
鬼ノ城が、鬼ケ島』

だった
と謂う伝説が、
この地に残っているのです。



吉備津神社へ jump




時間のあるお方は
もう少し、
お付き合いいただけますか!