2006年11月7日 (九州)


深耶馬溪・羅漢寺・青の洞門・ウォーク九重夢大吊橋





大阪南港 船中泊・別府港大分自動車道深耶馬溪
羅漢寺旧参道青の洞門レストハウス洞門〔昼食〕
宝泉寺温泉入浴九重夢大吊橋大分港 大阪南港




深耶馬溪
九州屈指の紅葉の名所ですが。まだ少し早かったか〜

                                    
羅漢寺
羅漢寺は 約1300年前の大化元年(645年)にインドの僧、法道仙人が 金銅仏を持参し
お寺を始められたのが このお寺のはじまりであると 伝えられています。         
0
全国羅漢寺の総本山で由緒ある寺本寺は昭和18年に火災で焼失、現在の本堂は昭和
44年に再建されたものです。                                   
0
羅漢寺は 羅漢山の中腹にあり、岩壁には無数の洞窟が口を開き、山門も本堂もその中
に埋め込むように建っています。そして洞窟には3700体以上もの石仏が安置されていて
その中でも無漏洞の五百羅漢や1100体以上の石仏が納められている千体地蔵などが
有名です。                                              
00


絶好のウォーク日和、5キロ・10キロは苦になりません
0


青の洞門

山国川のほとりの競秀峰のすそに掘られた青の洞門。今は車が通るトンネルにな
っていますが、昔の素掘りのトンネルも一部残っています。             0
菊池寛の小説「恩讐の彼方に」でよく知られる話が残っていて、人を殺めてしまっ
た償いに難所であったこの地にトンネルを掘ろうと決意した禅海が ノミとツチだけ
で30年かけて完成させたと言うお話です。                       0
ここまでは、なかなか良い話ですが、その後、禅海さんはこのトンネルを有料にし
て、その“あがり”で優雅に暮らしたという話も残っているそうですが本当でしようか


食後は宝泉寺温泉の露天風呂で しばしの休息





今回の最大の目的は、出来立てホヤホヤのこの吊橋を少しでも早く渡ろうという野次馬根性
173mはやはり高い。 通天閣が103m・東京タワーの展望台が145m、あの空中庭園がある
大阪梅田のスカイビルと同じ高さ173mがこの吊橋、2006/11/7現在は日本一です。    0
                                 〔リンク・日本の吊橋