2007年2月25日
熊野古道
〔中辺路シリーズ〕ウォーク

新ルート 鮎川王子跡〜滝尻王子跡・8キロ

0
 紀ノ川SA=白浜とれとれ市場・昼食大塔村P
住吉神社・鮎川王子跡御所平定家歌碑道祖神北郡橋
清姫の墓ゴールの滝尻王子跡南部IC
0
0

梅田7:30〜長堀8:00発、湾岸道路も阪和道も渋滞なく、
昼食処の白浜とれとれ市場へ10:30に着きました。
買物・食事がゆっくり出来て最高!!



0
今日は中辺路・13回シリーズには含まれていない新ルート
鮎川王子から滝尻王子までを歩きます。

0


0
鮎川王子社・〔住吉神社〕
鮎川王子は『御幸記』には「アイカ」の王子とあります。
鮎川新橋の手前には鮎川王子跡の碑が建っていますが、
対岸のコノ住吉神社が鮎川王子の跡と云うのが、現在の定説となっています。

0
0
道中の案内板は
0
0
鮎川王子社・〔住吉神社〕で軽くストレッチの後、いよいよ出発です。
0

0
本日のコースは熊野古道には珍しい川沿いを進みます。

御幸記には0
次いでアイカの王子に参ず。河の間、紅葉淺深、波に映ず。、景気殊に勝る。
(河の深き処、股に及ぶ。袴を蹇げずと云々)  
次いで崔嵬嶮岨を昇りて、滝尻の宿に入る。』、
とあります
0
 
0
コノ川は「
富田川
果無山脈の安堵山(あどさん、標高1184m)に発して概ね南西流。
白浜町富田
太平洋に注ぐ。沿岸の大半は山林で、
下流河畔にわずかに平野を形成する。中流部で
熊野古道中辺路が並走し、
下流部では同じく
大辺路が横断しています
00

00
御所平
熊野詣の道筋にあたり、後白河法皇の頓宮〔仮の御殿〕があった場所といわれています。
また、下の富田川の瀬を「
御所の瀬」と呼ばれています。
00

00
ココのお薬師さんは、耳の病気を治してくれはる。穴の開いた石を供えてお参りするんだって…
00

0
藤原定家の歌碑
そめし秋を くれぬと たれか いはた川 またなみこゆる 山ひめの袖
0
いはた川」は「岩田川」のこと、今は「富田川」と改名されてます
0


0
今年の梅の開花は例年に比べて早かったですが、
このコースの花は少し残ってましたよ

0

0
陰陽合体の道祖神は、路の悪霊を除き旅人を守り、
男女円満・縁結びの神として古くから信仰されて来ました。

00

0
大鰻棲息地地域指定境界
オオウナギは熱帯性のウナギで、富田川は北限の棲息地と云われています。
0

0
定家が御幸記に書いた『崔嵬嶮岨を昇りて』とは、コノ辺りのことでしようか
0

0
降りになると、素晴らしい展望が…
0

0
千手観音の石仏を過ぎると北郡吊橋が見えてきます。
0


北郡〔ほくそぎ〕の吊橋を渡ると真砂です



清姫の墓&清姫茶屋

清姫とは、
修行僧・安珍を道成寺まで追っかけた、あの清姫です。





ゴールの滝尻王子跡
ココは7月8日以来、2度目です。〔あん時きゃ〜土砂降り!〕



次へ




道中の案内板は

00                  
                 0