2006年11月18日


B 曽根次郎坂太郎坂


0
大阪梅田
阪神高速→太子線→169号線・東熊野街道 道の駅きのくに(昼食)
曽根 次郎坂 甫母峠 太郎坂 JR二木島駅 JR賀田駅
伊勢道路 〔関IC〕西名阪道路 阪神高速 大阪梅田0


本日のバス移動距離は、おおよそ・だいたい・おおまかに…
約450キロ強くらいになりますかナ



 

明日香、壷坂を過ぎると道の駅「大淀」でトイレ休憩。
安い野菜を沢山買ってバスに積み込みます。
お帰りには忘れないように願いま〜す。






昼食処の道の駅・「熊野・木の国」





コース地図
甫母峠を挟んで、志摩側が次郎坂〔
自領坂〕、
紀伊側が太郎坂〔
他領坂〕と申します。    





本日のウォークの起点、曽根の海岸沿いにある飛鳥神社は、内輪四ケ村〔賀田・古江・曽根・梶賀〕
の総氏神とされてきた千年以上も前からある古い神社です。境内の楠は周囲11メートルをこえます

神社の堅固な石積みは、津波の被害を意識したものでしようか…






本日の高低差は305m、海辺からの出発なので正味305mを一気に登ります。





苔生した峠道は古道の雰囲気満点ですが、
行き交う人が少ないせいか、相当に荒れてます。






甫母峠〔標高305m〕
ここは昔、「ほうじ茶屋」がありましたが、今はその面影すらありません。
お地蔵様がポツリと一つ…我々を見守ってくれてました。






甫母峠からの降り道のところどころから、二木島湾の入り口の
楯ガ崎が見え隠れします。





下りは、登りと同じで 305mを一気に 〔膝がガクガク笑いながら〕 降ります。





二木島の村が見える高台には立派な道路が?…
立派なのは見えるのはココだけ、
道路は未完成、この二木島には大型車は入れないのです。



二木島は神武天皇が上陸した所だと 伝えられています。
熊野灘で嵐にあい、二人の兄を亡くしますが、
神武天皇は此処から大和に入り、朝廷を開いたと云われています

亡くなった二人の兄は、
湾口の向かい合った岬にある二つの神社に祀られています。



大型車が入ってこれないので、
我々はバスが待っている賀田駅までJRで戻ります。
列車は2時間間隔、3時57分の列車に乗ることが出来ました。
0






次へ