2006年9月30日

十六峠越え
@ 始神峠


紀伊山地の霊場を結ぶ参詣道である熊野古道のうち、伊勢路が伊勢と熊野を結ぶ街道として
かつて賑わいをみせ、「熊野年代記」 によると、享和年間(1801〜1804)頃には 2万人以上の
巡礼者が通ったとあります。現在伊勢路は、国道をはじめとした車道に変わってしまった区間も
多いですが、昔から変わらずひっそりとした峠道などで残されてきた部分も少なくありません。
 

梅田7時30分発=
阪神高速・西名阪=関ドライブイン=伊勢道路=大台IC=紀伊長島=
道の駅「まんぼう」昼食
始神峠登り口〔三浦漁港〕→標高147メートルの始神峠→馬瀬→
帰路は往路と同じ
伊勢道路・西名阪・阪神高速=大阪梅田7時40分着


 
 

昼食後、始神峠へ向けてGo〜




山道は細く、絶対 一列縦隊で…




始神峠でスタンプ帳に記念の捺印を…






山道は人影は少なく、相当荒れております。




降りは比較的 緩やかな山道
里はまさに、彼岸花街道です




秋は手の届く処に来ておりました。





次回予定
熊野古道 伊勢路シリーズ2回目 (大吹峠・松本峠・花の窟)
10月21日・土曜日


次へ