2010年・探し物は酒と車な旅♪




地図はこちら

2010年2月28日、天気が良ければ遠くへドライブに行きたいと思っていた週末でしたが、残念ながらこの日は生憎の雨・・お出かけは中止かなと思っていましたが、ちょっと近所に気になる場所があったので行ってみる事にしました♪
今回の総走行距離200kmぐらい?。なかなかドライブに出られない今、それなりにお出かけ気分を味わう事はできました♪

今回のルート(1日目)
湯袋峠→石岡→玉造→波崎→サーキットの狼ミュージアム→牛久→牛久ワイナリー→つくば

天気が悪いのは分かっていたので、お出かけに行くかどうかは起きてから決める!と8時ごろに起床・・家のお掃除を済ませて出発する事に決めた時にはすでに10時近くになっておりました・・(汗)
目的地は茨城県でも東南に位置する波崎でしたのでつくば市、土浦市の渋滞を回避するために筑波山の裏街道・湯袋峠突破作戦を行ったのですが・・途中、雨は雪へと変わり辺りは真白に・・(汗)

色々と苦労はありましたが、何とか目的にである「池沢早人師・サーキットの狼ミュージアム」に到着です♪
ちなみにここに入る直前のコンビニで2mの津波警報!非難してくださいとの放送がありました・・・
外には数台、アルファやRX−8などが止まっていて車好き来ている雰囲気です♪でも、あからさまに空いてますね・・採算とれてないでしょう(笑)
入場料は大人一人800円!優良免許を持っていると100円引だったのですが、自分は優良じゃないのでダメ・・相方さんは割引適用でした(笑)
さっそく中に入ってお出迎えしてくれたのは主人公・ロータスの狼こと風吹裕矢が乗るロータス・ヨーロッパです♪
後から気が付きましたがナンバーが漫画では練馬56・せ・740なので惜しいですね〜(笑)
フロント周辺にはロータス・エリーゼの源流かなと思える雰囲気がありますよね〜♪車重は730kgとZ33の半分程度・・(汗)
公道レースで勝利すると刻まれる★マーク♪
漫画の中でも語られてまいますが、当時のロータスもやはり世界最高峰のハンドリングマシンだったようです♪
こちらはホークリッジHF2000♪
伝説のラリーカー、ランチア・ストラトスのレプリカです♪

なんだレプリカかよと思うかも知れませんが、後ほど本物も登場します♪見分けがつきませんけど・・(笑)
国産車もちょっぴりありましたが、日産からはハコスカGT−Rが展示してありました♪
・・でも、なぜ本編にも登場するZが一台も無い・・??(悲)
これまた伝説のS20型エンジン♪
さらに国産車ではマツダ・コスモスポーツが登場!初じめてロータリーエンジンを搭載した車で、この展示車両は改造されてオープンカーになっています♪
BMW3.0CSL、レースに勝利する為に発売されたホモロゲ仕様の車両です♪漫画では悪役ピーターソンが運転しており、イメージ悪う・・(笑)
マセラティ・カムシン、X8・5000ccをフロントに搭載するスーパーカー♪
そして幻の名車トヨタ2000GTもありましたね〜♪何せ生産台数337台・・当時この車を買うという事は金銭的にも相当凄いことだったと思われます♪
漫画の中ではやっぱり悪役ピーターソンが運転していまいたが・・(汗)
2000GTの車内です♪
そして世界に6台しかにというトヨタ2000GTのオープンカー♪実は7台目を京本政樹氏が作成中だとか・・?
知らなかったのですが映画とかにもなってるんですね!まあ、見たいとはあんまり思いませんけど・・(笑)
さらにスーパーカー軍団は続いて・・

こちらが本物のランチア・ストラトスですね♪
そしてディノ246GT(フェラーリ)
車名にフェラーリの名前の付かない車でディノは若くして亡くなった創業者エンツオ・フェラーリの息子の愛称がついた名前となっています。

漫画の中では主人公がロータスに代わってレースにディノで参戦するようになりました♪
そして主人公・風吹の最大のライバルにして親友でもある早瀬左近の愛車ポルシェ・カレラRS♪
登場した時には横にハーケンクロイツ(ナチス軍のマーク)をあしらい、ナチス軍総統を名乗っていました(笑)
・・なんて奇抜な世界観なのだろう・・(笑)
フェラーリ・512BBi、フェラーリでも最大級クラスのV12型5000ccものエンジンを搭載!後に登場するテスタロッサの原型とも言えるモデルでしょうか♪
そしてこれ!!!
実はここで一番見たかったのはロータスでもフェラーリでもなく、このランボルギーニ・ミウラでした!!
なんとも言えない美しい車だと思います♪漫画の中ではプロレーサーでイケメンでクールな飛鳥ミノルの愛車でもありました♪カウンタックよりも大好きです♪
ミウラのV12気筒エンジン♪
4000cc、370馬力♪そして非常に珍しいと言われる横置きミッドシップです♪
う〜ん、素敵!!
そういえばフォードGTも好きですね〜♪
そしてこちらはこれぞスーパーカー
ランボルギーニ・カウンタックLP400Sでございます♪
さらにフェラーリ328GTB!X8シリーズの源流ですね〜♪
漫画ではフェラーリの女豹が乗っていました♪
1時間にも満たないあっという間の訪問でしたが、それなりに楽しめました♪入場料から考えると辛いものがありますが、興味がある方はどうぞ!
それから途中からミュージアムの係員のおじさん(60歳は超えている?)に色々な話をお伺いしました♪

○池沢さんはオープン当初は遊びに来たのに最近は全然来なくなった・・
○このミュージアムの館長である関根さんという方は漫画でもイタコのオックスという名前で登場するそうで、レース途中で死亡している・・
○おじさん自身はあまり車に興味は無く、原作も読んでみたが話がめちゃくちゃで意味が分からなかったそうで・・

・・と、まあ、色々と聞くことができました♪
さて、サーキットの狼ミュージアムを出て西へ小1時間ぐらい走ったでしょうか?途中ちょっとだけ千葉県を走って到着したのが牛久市にあるシャトー・カミヤという場所です♪
自分は小さい頃に来た記憶があるので相方さんは初めて、おまけとして寄ってみたのであります♪
入口ですね!ちなみに入場料は駐車料金以外は無料です♪
駐車料金は1000円以上お買い物すると割引適用でした!
無料で見学できるワイナリー♪
シャトーカミヤの前身である牛久醸造場は1903年に完成!実はここ日本で初めてワインを造り始めた場所なんだそうです♪
当時の資料が見学できます♪
まあ、詳しくは言ってみてください(笑)
ワインの製造に成功して販売促進に乗り出した頃の看板です♪
当時は「蜂印香竄葡萄酒」という名前だったようです♪
当時の機械ですね〜♪100年も昔と思うと歴史を感じます♪
葡萄の発酵に使われた巨大な樽♪
そして地下の貯蔵用の樽♪
けっこう不気味な空間です(笑)
建物の外観も古く、地下ワイナリーまであるのに、現在使われている製造工場はかなり現代的ですね(笑)
見学をしたあとは出口はもちろん売店へ(笑)・・こういう観光地多いですよね(笑)
フランスのワインがメインで探していたイタリアのワインは置いてありませんでしたが、自宅用に数本とプレゼント用に数本購入しちゃいまいた♪
あと試飲ももちろんできるのですが、運転手はもちろん飲めませんね・・(悲)
時間はすでに3時近かったでしょうか?お腹がいい加減空きまくっていたのでシャトー・カミヤの敷地内で開店しているお店を探してこちらのラ・テラス・ドゥ・オエノンというお店に入りました♪
実は牛久シャトーではワインだけでなく地ビールの製造も行われているんですね!で、このレストランでは地ビールが結構置いてありました♪
でも、もちろん自分が飲める訳もなくお土産として帰りに数本購入しました♪
写真はブルーベリーのビールだったでしょうか?めちゃくちゃ美味しいらしいのですが・・自分はまだ飲んでおりません(汗)
お食事はサーモンのカルパッチョと♪
ローズポークのなんとか・・(自分)
匠鳥の香草焼き?(相方)

でした!!

自分は鶏の方が好みの味付けでしたかねえ・・
食事を終えたころ、あれだけ悪かった天気も回復、青空となっていました!そして梅が咲いていましたね〜♪
買える前に適当にもう一枚、この建物実は国の重要文化財らしいです♪
最後に駐車場横にあった小さなパン屋さんでささやかなお土産も購入です♪
夕暮れ、つくば市を突破して午後6時頃には帰宅しました♪




前へ戻る