2009年・春の東北遠征2009♪
(2日目)


地図はこちら

今回のルート
黒石→弘前→百沢街道→鯵ヶ沢→十三道→小泊道→龍止ライン→竜飛崎→むつはまなすライン→津軽中山ライン→
松前街道→青森→みちのく道路→下北半島縦貫道路→田名部道→むつ→恐山→むつ→尻屋崎→むつはまなすライン→
大間崎→むつはまなすライン→むつ→田名部道→下北半島縦貫道路→七戸

一日目に戻る

朝5時に起床、6時に黒石市のお宿を出発して本日最初の目的地へと向かいました!今日は目的地間の距離が非常にあるので時間との戦いです!
黒石市から西へ、桜が有名な弘前の町に入りました。まあ、事前には分かってはいましたが弘前城址公園の桜は既に終了していたようです。この日は消防の出初式?か何かで公園周辺は閉鎖されたりもしていました・・。
そして弘前市の郊外へと抜け出して県道3号線(百沢街道)を走ります。見えてきたのは美しい本日最初の目的地であったはずの岩木山でした♪
目的地であったはずの・・そう、津軽岩木スカイラインは午前8時からの営業だったんですね(笑)
現在時刻は7時ちょっと過ぎ・・本日は行かねばならない場所が沢山あるので岩木山突撃は今回は諦めることにしました・・(悲)
そのまま百沢街道を走って日本海を目指します♪
途中、道の南側に広がっていた世界遺産・白神山地!いつかあそこにも行ってみたいです♪

やがて鯵ヶ沢で一瞬だけ海に出ましたが、そこから今度は内陸へ・・ナビを駆使して見つけたルート、県道12号線(十三道)を使って津軽半島の北上を開始!
信号も無い農村部の快走路はひたすら走ります!

・・何かいたような気がしましたが、見なかった事にしておきましょう(笑)
津軽半島の日本海側近くにある十三湖という湖にかかる橋。ここを越えれば本日一番楽しみにしていた龍泊ラインまではもう直ぐです♪
小泊に入る前に綺麗な日本海を見ながら一服休憩♪
遠く小泊岬が見えます♪
ならばちょっと寄り道して小泊岬に行ってみようと進路を変更!途中、絶壁の前を渡る橋で、その迫力にちょっと感動しました♪
しかし、小泊岬は途中から崖崩れの為通行できなくなっていたので諦めてUターンです(悲)
写真は半島を峠を上ったところからの風景でしたね♪
小泊漁港附近の風景です♪ 
さて、いよいよ日本百名道の一つ、龍泊ラインに初チャレンジ!!
ダイナミックな岩肌に綺麗な海沿いのルート、アップダウンもかなりあって楽しいコースです♪去年走った男鹿半島の沿岸ルートにも似た雰囲気かも知れません♪
日本海の荒波にを見ながらしばしの休息♪
素敵な景色なのでもう1枚♪
龍泊ラインの前半(南側)はこんな感じの道
展望台ごとに停まってしまいました(笑)
途中に滝もあったのですが、気持ちよく走っていたらそこは思いっきり通り過ぎてしまいました(笑)
後半戦は一気に峠のワインディングに早変わりします♪綺麗に整備された道はとても走りやすいのですが勾配はけっこうキツイです!そのワインディングを上りきると眺瞰台と呼ばれる展望台に到着です♪
眺瞰台から龍飛崎方面を望む!写真では分かりにくいかも知れませんが、北海道が見えました♪
それにしても風が凄い!龍飛崎周辺は強風で有名なようです(汗)
 
動画「龍泊ライン」

動画へのリンク

眺瞰台からさらに走ること10分ぐらいでしょうか?ついに津軽半島最北端の龍飛崎に到着です♪
龍飛崎の風景♪
写真の下のほう、緑の木々の中にある階段があの有名な階段国道なんだそうですが・・はい、完全に写真撮るの忘れとりました(笑)
龍飛崎灯台です
龍飛崎レーダー基地!?
昼食にウニ・イクラ丼でも食べたいな〜と思いましたが、お値段もそれなりに高いし、時間も無いので、でんでん虫・・じゃなかったサザエの串焼きで我慢!

その後、龍飛崎を後にした後は暫く海沿いを走ったものの津軽中山ラインという峠道を見つけてそちらでショートカット作戦を実行してみました♪
次の目的地は遠い・・本日のルートで一番恐れていたのが県庁・青森市・・(汗)
案の定、渋滞気味だったのですが・・
途中にみちのく道路という有料道路を発見してここもショートカットに成功!でも、2、300円ぐらいだろうと思っていたら830円も取られたのが誤算でした(笑)

まあ、今日の場合「時は金なり」です♪

みちのく道路を突破した後はコンビニで次のルートを調べてみると・・下北半島縦貫道路なんてものがあるではありませんか!迷わずこちらも利用してみたのですが、途中までしか完成していなかったようです(汗)無料だったので良かったですが・・。

そして下北半島を更に北上して横浜(青森にも横浜が・・笑)を突破!むつ市に到着です♪

そしていよいよ恐怖のあの場所と向こう事に・・!
やって来たのはこちら「恐山」です!
これから先の写真、何か写りこんでいても気にしないでくださいね〜(怖)

まず、見つけたのはこの「
三途の川」でした!


あっ、苦手な方は飛ばしちゃってください(汗)
三途の川渡ってしまいました〜(恐)
でも、みんな平気で渡ってます!(笑)
そして車を停めて、恐山散策の開始!
お寺の本当の名称は恐山菩薩寺
カラカラカラ・・
恐山大祭や恐山秋詣りには、イタコさんがテントを張って口寄せ(向こう側の人との会話)をしています。
立ちこめる硫黄臭と荒涼とした風景はまさに異空間、地獄と極楽を垣間見れます。(ガイドブックより)
とにかく雰囲気満点です・・・
う〜む、霊界の入り口と言われるのにも納得・・
何とも言えない風景が続きます・・
奥に見えるのは宇曽利山湖
奥が深いです・・
不思議な威圧感を感じる大仏・・
この中は怖くて撮影すらできず・・
正直、怖いというよりも何か考えさせられる場所でもありました・・
これがあの・・
賽の河原
神秘的な宇曽利山湖湖畔にある極楽浜・・死後の世界ってこんなイメージなんでしょうか・・??
これだけ見れば美しい浜なんですけどね・・
さて、恐山散策も一回りが済み、表に出るとこんなアイスクリームが・・

その名も・・

合掌・霊場アイス(恐山盛り)

なんとヨモギのアイスクリームです・・
食べてみたのはヨモギ・ブルーベリー・バナナの三色ミックス盛り!ババヘラアイスのようにシャーベット状で非常に美味しかったのですがヨモギ味が微妙にお線香のような味わいに・・??
是非、恐山に来た時にはお試しあれ!!

さて、恐山でかなり時間をとられましたが、まだまだ行きたい場所がありますので次に行きましょう!!
恐山を出た後は来た道を戻って再びむつ市に突入!それを通り過ぎて下北半島北東部を目指します!!
そうしてやって来たのはこちら尻屋崎!!
ここも美しい場所でしたが、灯台前の駐車場は満車で駐車できず・・(汗)
尻屋崎灯台
龍飛崎から見えたのは日本海であろうと思いますが、こちらは太平洋側です。やった〜1日で両方見れちゃいました〜♪(距離がショボいですが・・笑)
尻屋崎周辺の道路も日本百名道!今回のドライブで3つめの百名道です♪
美しい場所ですが普段はさらに青森県の天然記念物でもある寒立馬(かんだちめ)が放牧されているはずなのですが・・
でもしっかり彼らの痕跡はありました・・

地雷を踏んでみたい方はこちらへ(笑)
尻屋崎灯台とあたし・・
ここも皆さん良く来ている場所なのですが・・ちょっとゴミが多いですね〜(汗)どこからか流れてくるのかな??
帰り道、今日は会えなかったと思っていた寒立馬をついに発見!!かなり感動です♪
寒立馬とあたし・・
寒立馬とあたし・・・って、ぶつかりそうで怖いよ!!
寒立馬とあたしと尻屋崎灯台を撮影していたら・・
いきなり突進してた!(笑)
でも近くでみると大きい割には愛嬌が凄くあって可愛らしいです♪
つぶらな瞳で近づいてきてスリスリされちゃいました〜♪
地雷作成現場を目撃したり、色々と楽しませてくれた寒立馬
またいつか会いに来るのでお元気で〜!!
あっ、もう1匹いた(笑)
尻屋崎のゲート附近では強面ライダーもお馬さんにタジタジでした(笑)
恐らくこのゲートは馬の脱走防止の為に設置されているのでしょうか??
 
動画「尻屋崎道路」

動画へのリンク

尻屋崎附近には無数の風車があったので撮影を試みましたが良い撮影スポットがみつからず・・
さて今日も夕暮れの時間が迫ってまいりましので、本日最後の目的地に向けて出発です♪
尻屋崎を出た後はむつ市の市街地を通らずに一気に西へと抜けられる快走路を発見してまたもやショートカット!!
いよいよ、本州最北の地に迫ります♪
午後5時過ぎについに本州最北端である大間崎に到着!!
有名な大間のマグロ一本釣りの彫刻ですね♪
もちろんお遊び写真も撮りましたが、恥ずかしいので掲載は無しです(笑)
大間で捕れた品質の良いマグロはその殆どが東京等に出荷されてしまうとは聞いていましたが、やっぱりここまで来たらマグロが食べたい!!
大間の町を彷徨って見つけたのがこのお店・海楽でした♪お店の名前は海鮮料理のお店っぽい名前なのですが、実はここは焼き肉屋さん・・大間港入り口にあるお店なのでマグロ漁師達の憩いの場といった感じでしょうか?
そして焼き肉だけではなく地元で捕れたマグロも提供していたのであります♪
マグロ丼定食2500円!!
お値段は張りますが、その価値は十分でありあました♪
マグロ丼アップ!!季節的に冷凍マグロだったかも知れませんが、美味しかったです♪
念願のマグロを食した後は、大間崎に夕日を見ようと思い戻ってみましたが、残念ながら雲が出てきていて美しい夕日を見ることはできませんでした。
さらに時間さえあれば本当は大間から少し南に行った所にある仏ヶ浦も見たかったですし、海峡ラインも走って見たかったのですがこれも次の楽しみとなってしまいました(汗)

ちょっとハードな1日ではありましたが、この日のドライブはここで終了。
夕暮れの下北半島を南下して、午後9時ぐらいに七戸町にあるお宿に到着。今日も早めの休息となりました。

三日目に進む


前へ戻る