2008年・自然の驚異を楽しむ旅♪

どこかに写ってます♪

地図はこちら

2008年9月23日、紅葉にはまだ早く、天気も良さそうな秋分の日。紅葉シーズンの為にもまたまた節約ドライブになってしまいますが、今日は福島県の「あぶくま洞」を目指してみました!福島県は中央部と東側の海沿いルートは何度か行ってますが、阿武隈山脈附近は見るべきものも少ないだろうと行った事がありませんでした。途中、オプションとして9月13日に新たな展望台が完成した袋田の滝にも訪問です。前から洞窟探検は結構好きでしたが、地底の神秘的な世界は地上とはまた違う楽しみがあると思います♪鍾乳洞はここ以外にも各地方にも点在しているらしく、またいつか別の洞窟にもチャレンジしてみたいと思います。
今回の総走行距離399km。目的地はまたしても「観光地」でしたが、往路のドライブは結構楽しめた旅でした♪さて、次はいよいよ紅葉ドライブですかね〜??

今回のルート
笠間ビーフライン→大子→袋田の滝→国道349号→あぶくま洞→国道349号→大子→笠間ビーフライン

出発はかなり遅めの朝7時、我が家から茨城北部への抜け道でもある笠間のビーフラインを使って大子方面に抜けました。茨城北部は・・他に比べれば楽しみは少ないですがたまに来るには良い場所と思います。
早速、9月13日から新しい展望台が完成したばかりの袋田の滝に寄ってみました。
駐車料金500円(お店でお買い物券として利用可能)を支払い、風情あるお店が並ぶ散策路を歩きます♪
入場料は大人1枚300円。早朝に来れば無料です!
本当は紅葉の時期に来るつもりでしたが、ちょうど今日の目的地の途中だったんですよね♪
チケットを購入してトンネルの中を進みます。
横穴から見る空は快晴♪最近の休日はいつも曇りか雨でしたので久しぶりの天気です♪ 
袋田の滝の別名は四度の滝、今までは最下段と3段目しか見れませんでしたが、新展望台からは滝の1段目と2段目が見れるそうです。
・・・・いつもの展望台に来てみましたが、ここ最近の大雨の影響で水量が多すぎ!飛び散る水滴でレンズが濡れてしまい撮影どころじゃありませ〜ん(汗)おまけにモロ逆光の時間帯でした・・。
それでも流れる滝の撮影を目指してカメラの設定をいじくりましたが、逆光で光が強いとシャッタースピードを落とした状態では光が強くなりすぎて撮影できません。ホワイトバランス等も調整しましたが、ダメでした・・。
仕方ないので遠くから撮影。う〜ん初の三脚使用撮影は失敗に終わりました。(写真を撮ってる人は知らない人です)
エレベーターを上り、新しく完成した展望台に来てみました。今まであった展望台の位置のかなり上にあります。
写真はそこから見える袋田の滝の上層部。
ここは紅葉の時期には良い撮影ができそうですね〜♪9月に完成したのもそれが理由でしょう♪
ちょっと木が邪魔ですけど、滝の下の部分がいつもの展望台から見える部分です。
展望台はこんな感じ♪
滝の真ん中に岩があります。意図的に置いたのか?落ちたら危ないと思うんですけど・・。
エレベーター降りてもう一度来てみまたが状況変わらず・・。
仕方ないので、もう一つの撮影スポットである吊橋から撮影。ここでも水滴でカメラビショビショです・・。
滝の撮影は失敗でしたが気を取り直して滝周辺で休憩♪滝見屋さんの店頭で・・
これに釣られて立ち止まり・・
あゆ 400円
お団子 250円
つくね 200円

をお買い上げして店内で食べました。冗談抜きで美味かったです♪・・最近、味覚か年寄り気味か・・?
鮎の香ばしい匂いに釣られて猫がやってきた(笑)
さすが奥久慈、怪しいお店もばっちりです(笑)
奥久慈名物のこんにゃく。夏祭りのような涼しい光景です♪
駐車場に戻り、駐車券を利用するために梨のソフトクリームとアップルパイ(テレビで紹介されたそうで、かなり美味かった♪)を購入。
地元茨城なので侮ってましたが、奥久慈の食べ物はかなり美味しいと思いました♪
さて、袋田の滝から目的地であるあぶくま洞までは結構な距離でしたが、市街地を選ばずにひたすら峠道と農道を突き進みました。お陰で久しぶりのツーリング気分に大満足です。
途中、あぶくま洞の手前で食事にしましたが普通の定食だったので写真にしてません。それにしても福島に入ったとたんに天気が悪くなりました。まあ、今日の目的地に天気は関係ないんですけんどね(汗)
あぶくま洞の駐車場に到着!何ですかこの絶壁は!!
あぶくま洞は1969年に石灰石の採掘場で発見された洞窟なのでありました。
入場料は大人1人1200円とちょっとお高めですが、公開されているルートが約600mあってかなり楽しめます。
(あぶくま洞はまだ2500mもの未公開部分があり、そこには高さ90mもの巨大なホールが存在するそうです)
それでは探検に行ってみましょう!!
入り口はちょっとアトラクションっぽい雰囲気ですが・・
入り口からあまりの美しさにしてやられました!あぶくま洞は日本で初めて舞台演出の調光システムが導入された鍾乳洞なんですよね♪
でもそこは洞窟・・こんな不気味な岩も!名前は妖怪の塔(怖)
白磁の滝!・・これは綺麗と言うか、あるホラー映画で観た景色・・エイリア〜ン♪(最近良く登場しますね・・)
こんな感じの洞内を進んで行くと、途中から探検コースと一般コースに分かれていました。探検コースは200円の追加徴収ですが、今日は遊びに来たんじゃない!冒険に来たんじゃ!と探検コースに進みます♪
予想通り探検コースは見所満載でした。これは小さな地底湖・決心の池。
ちなみに探検コースは、かがんで進んだり、丸太の上を歩いたり、起伏にとんだコースで冒険気分が味わえます。
この先にはきっとお宝が眠っているはず♪
これも小さな地底湖、地底の精霊。
地底にマグマが走っているようだ・・!
神秘的なせせらぎの間。
石化の樹林。
しかし、何とも神秘的な光景です♪あぶくま洞は8000年もの月日をかけて出来上がった鍾乳洞で、鍾乳石は1cm成長するのに70年〜100年かかるんだとか・・。
ライトや人工物も素敵な演出になり得るんですね〜♪
探検コースを終えて長い階段を上って行くと・・
あぶくま洞最大のホール・滝根御殿に出ました!これぞ、自分が求めていた景色(財宝)です♪
ボックスワーク
天井や壁面に網目状に形成される珍しい鍾乳石。
鍾乳石の観音様!ありがたや〜♪
こうして見ると映画のセットのようにも見えちゃいますけど、すべて本物なんですよね〜♪
月華の滝。
天井を撮影。ヨーロッパの大聖堂にも負けない勇壮さです!
水滴が流れ落ちる鍾乳石。
滝根御殿を出て第2のホール、竜宮殿にやってきました♪こちらは高さ13m。
きのこ岩
表面の凹凸がきのこに・・見える?
病院職員としては発言しにくい光景・・。
左が樹氷で右がクリスマスツリー♪
竜宮殿を見上げる♪実はこの時、野球のユニフォームの子供達の群れに追われていました(笑)
ホールから先にに進むと少し落ち着いた雰囲気♪
そこにはリムストーンと呼ばれる田んぼのように成長した珍しい鍾乳石がありました♪・・でもお金入れるんじゃね〜!!と思うのは私だけ?ありがたいと言う意味で入れてるんでしょうけど、ここは8000年の歴史が作り上げた自然の神秘の世界。お金がそれを台無しにしていませんか!?
そして出口も近くなって参りました!
ラストを飾るのは月の世界。ライティングの調節で様々な景色を見せ、約2分間で1日の光を表現しています。
恐らく朝焼けを表現したと思われる光景♪
こっちが夕暮れ・・あんまり変わりませんね〜(笑)
地底の神秘的な自然に触れて地上に戻ると・・こいつがお出迎え・・(笑)
ちょっと高台に上って周囲の景色を楽しみました♪時刻は午後3時。近くにもう一つある入水鍾乳洞という場所があるのを知っていましたが、帰りが遅くなるので帰路につきました。
夕暮れの田んぼ道を・・爆走!!
日も落ちた頃に奥久慈に戻ってきました。夕食は近くのお店でと思い、蕎麦の本を持参していましたが、まだ6時半なのに開いている店が見つからず、奥久慈しゃもの言葉につられてこちらのお店にピットイン♪
見た目はコダワリの店には見えませんでしたが、蕎麦はかなり美味しかったです♪久慈蕎麦と常陸秋蕎麦って何が違うのだろう??
こちらは「しゃも」のたたき♪
コリコリと弾力のある歯ごたえで美味しかったですね♪

この後はまた夜のビーフラインを爆走して8時半ぐらいに帰宅しました。

あぶくま洞の公式サイトはこちら

前へ戻る